アナウンススクール&声優養成所

Vol.366 舞台に立つ資格なし

舞台は、神聖な場です。ただの板のように見えますが、舞台に立つには、資格がいるんですよ(笑)。資格を与えるのは、多分、神様です。(どこかの宗教に傾倒してはいませんので、ご心配なく)

正義の味方の役を演じる人が、実生活では、陰で悪口言っているのを聞くと、どう思いますか。

優しい役をやっている人が、実生活では、お世話になった人に、お礼の言葉も言わないのを観て、どう思いますか。

人を助ける役をする人が、まわりの人に協力しないのをみて、どう思いますか。

素敵な台詞を言う人が、日常では、嘘をついたり、人のせいや何かのせいにするような人だと、どう思いますか。

台詞は作り物だから、お芝居はフィクションだから、実物は、常識はずれやマナー違反をしても、いいのでしょうか。違います。嘘では、いけないのです。裏表のある人は、舞台に立つ資格は、ありません。ヒーローは、ヒーローでいるべきです。正義の味方は、日常も正義の味方であるべきです。舞台の上だけ、言葉だけ、台詞だけ、素敵な人でなく、実際も素敵な人であるべきです。

台詞や言葉、声、表情には、どのようにとりつくろっても、本当の姿が出てしまうものです。声や言葉、表情は、とりつくろっても、誤魔化せないのです。人は、裏と表があってはいけないのです。裏表のある人は、けして、舞台に立ってはいけません。

もし、とんでもなくひどい人、あさましい人が、舞台に立っている、としたら、それは、改心する機会を与えられているのでしょう。舞台で演じることができることに感謝し、「自分はこれでいいのか」と反省しなければ、いずれ舞台から立ち去ることになります。舞台には、こういう力が働くものです。舞台には、神様がいるのですから(笑)。

役者だけでなく、講演や、演奏など、舞台(ステージ)に立つ人は、人柄がとても大切です。舞台の神様の機嫌をそこねないように、裏表のない良い人でいましょう。舞台に立つために。

(2011.12.23)

WEB話し方ワンポイント講座

お問い合せ TEL 022-796-4866 仙台市若林区二軒茶屋12-31
メール staff@em-net.com
ツイッターDM

細川美千子

アナウンススクール講師
神戸市出身 仙台市在住
<役職等>
(有)エムネットプロモーション取締役
宮城県農業大学校 国語表現講師(H19~)
宮城県男女共同参画審議会 審議委員(2期4年・H18~19年度、H20~21年度)
※詳しいプロフィールは→こちらから

PAGETOP
Copyright © (有)エムネットプロモーション All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.