松浦亜実さん 東北福祉大学 4年生

第一志望の放送局に内定をもらった松浦さんに、採用までの活動などについて教えてもらいました。

kokokara

1.内定の連絡を電話で受けたとき、どんな気持ちでしたか。
思わず涙がこみ上げてくるほど、とても嬉しかったです。
また、第一志望の放送局だったので、「まさか自分が内定をいただけるなんて!」と驚きの気持ちもありました。

2.ご家族はどのようにおっしゃっていましたか。
「本当に良かったね。おめでとう!」と大変喜んでくれました。
高校生の頃から「テレビ局で働きたい」という夢を話していたので、良い報告ができて良かったです。いつも夢を応援し支えてくれた家族には感謝の気持ちでいっぱいです。

3.最終面接は、どんな気持ちでのぞみましたか。
堂々と自信を持って臨みました。
やれるだけの努力をしてきた自信はありましたし、面接の場数も踏んできたので、「これまで頑張ってきたから大丈夫。」と自分に言い聞かせていました。
そのため、緊張しながらも堂々と自然体で答えることができました。

4.採用された理由は、何だと思いますか。
「ここで働きたいんだ!」という熱意が伝わったからだと思います。
会社への愛は誰にも負けない自信があったので、その思いの丈を伝えるべく、会社や番組の魅力について話しました。
また、どの質問にも笑顔でわかりやすく答えることができたのも理由の一つだと思います。自分だから伝えられることを堂々と話しました。

5.エントリーシートで工夫されたことは何でしょうか。
「具体的に」「簡潔に」を心がけました。
一目で内容がスッと入ってくるように、常に読み手の気持ちを考えて、必ず伝えたいことをわかりやすく書きました。そして、書き終わった後には、文章を声に出して読むようにしていました。読んでいて引っかかるところがないかを何度も確認したことで、より相手の心に響く文章がかけるようになったと思います。

6.面接で気をつけたことは、何ですか。
笑顔で堂々と答えることです。自分が話す時だけでなく、面接官が話している時も笑顔で聞いていました。また、難しい質問であっても表情は変えず、焦らず自分のペースで話すことを心がけました。

7.今年はWEB面接が多かったですね。WEB面接と対面の面接の違いは何でしょう。どのように工夫されましたか。
WEB面接では、対面以上に表情をよく見られます。そのため、いつも以上に表情を豊かにハキハキと話し、そして身振り手振りを介して自身の雰囲気や熱意を伝えようと心がけていました。パソコンのカメラ近くには、ニコちゃんマークを描いた付箋を貼って、緊張を解すための工夫もしていました!(笑)

8.就活のために努力したことは、何でしょう。
どんなに忙しくても毎週スクールに通い続けたことです。
継続的にレッスンを受けたことで、滑舌やアクセント、ニュース読みが少しずつ上達し、伝わる話し方ができるようになりました。
また、毎日新聞を読み、気になった記事をスクラップし要約していたことも力になったと思います。社会問題を勉強できるのはもちろんのこと、エントリーシートや面接で自分の思いを明確に伝えるための訓練になりました。

9.エムネットプロモーションアナウンススクールのレッスンは、いかがでしたか。
毎回、90分間があっという間でした!ニュースや古典を読んだりフリートークや面接の練習をしたりと大変内容が濃く、楽しみながらレッスンを受けることができました。
細川先生の的確なご指導と一緒に頑張ってきたレッスン生の皆さんのおかげで、日々スキルアップしていくことができました。

10.講師細川の指導で役に立ったことがあればおしえてください。
「相手のために話す」という言葉です。おかげで、自分の言葉は面接官にどう映っているのか、と相手の気持ちをよく考えて話すことができました。
社会人になってもこの言葉を大切に、仕事に取り組んでいきたいです。

11.就活で得たことは何でしょう。
打たれ強い心です。就活中、何度も心が折れそうになりましたが、それでもポジティブ思考で、前向きに努力を続けました。

12.どのように仕事をし、生きていきたいですか。
常に謙虚な姿勢で、真面目に仕事をしていきたいです。
会社の方々や地域の皆さんに、「この人なら大丈夫だ」と信頼してもらえるよう頑張ります。

13.後進のみなさんへ励ましの言葉をお願いします。
継続は力なり。私はこの言葉を心に留め、就活をしてきました。
エントリーシートが通っても面接がなかなか進まず、悔しさのあまり泣いてしまったこともあります。それでも目標に向かって、歯を食いしばって頑張ったことでこうして内定を頂くことができました。弛まぬ努力を重ねることで、いつか道が開けるのだと今まさに実感しているところです。辛いことが沢山あると思いますが、どうか最後まで諦めず頑張ってください。応援しています!

14.他に伝えたいことがありましたらお願いします。
最後になりますが、私がここまで夢に向かって頑張れたのは、沢山の人の支えがあったからです。スクールに通い始め、細川先生から厳しくも愛あるご指導をいただき、レッスン生の皆さんと話すたびに励まされていました。そして、いつもそっと背中を押してくれた家族。本当に感謝してもしきれません。
これからも周囲の人を大切に、日々努力を続けます。
細川先生、レッスン生の皆さん、ありがとうございました!