高橋あずさ さん 山形大学4年生

在東北地方の放送局の内定をもらった高橋さん、採用までの活動などについて教えてもらいました。

kokokara

1.内定の連絡を受けたときどんな気持ちでしたか?
まさか本当に私が放送局から内定が頂けるとは…!と、ただただびっくりしました。その後、徐々に実感とともに嬉しさがこみ上げてきました。

2.ご家族はどのようにおっしゃっていましたか?
ずっと応援してくれていたので、「本当に良かったね!」と心から喜んでくれました。
地元ということもあり、一層安心してくれたみたいです。

3.エントリーシートや面接で工夫されたことは何でしょうか?
自分だからこそ書けること、話せることを惜しげもなく出すことです。
私は華々しい大学生活とは無縁で、ひたすら部活動や学業、アルバイトに打ち込んできました。でもその一見“普通のこと”の中にも、私にしかアピールできないものがあるはずだと思い、常に考えていました。
あとは、エントリーシートは大きな字で丁寧に、きちんとした文章で書くことを意識しました。

4.面接には、どのようにのぞみましたか?
緊張しながらも、のびのびと話すことを心がけました。わからないことは「分かりません」と答えました。番組企画案を聞かれたときも、少々現実味が無くても堂々と話しました。素直な面が、良い方向に出たのだと思います。
また、面接を受ける毎に聞かれたこととそれに対する自分の答えをノートに記録し、反省するようにしていました。そうすることで課題も見えてきて、回数を重ねるごとに自分の答えに説得力が増していったと思います。

5.採用された理由は、何だと思いますか?
「私は御社を誰よりも愛しているんだ!」という熱い思いが伝わったからだと思います。とにかくその局の番組をみて、自分なりに思ったことをエントリーシートに書いたり、面接で話したりしました。
体力があり余っていることもアピールしてきたので、それも良かったのかもしれません(笑)

6.就活のために頑張ったことは、何でしょうか?
色んなところに足を運ぶことと、毎週レッスンに通うことです。
就活中も時間をつくって部活動に顔を出したり、大好きな楽天の試合やフィギュアスケートを観に行ったりしていました。様々なものを見聞きすることで、面接のネタにもなっていました。ストレス発散にもなりました。
また、どんなに忙しくてもレッスンに通い、アナウンス技術を磨いたり先生からアドバイスを頂いたりしていました。

7.エムネットプロモーションのアナウンススクールのレッスンは、いかがでしたか?
ニュースや朗読など、毎回マイクの前でたくさんしゃべるので、人前で話す度胸が身につきました。「最近あった面白いことを話して下さい」などといきなり振られることも多いので、アドリブ力が鍛えられました…(笑)
また、分かりやすく人に伝える極意や即時描写の仕方も学ぶことができました。
どれも楽しかったです!

8.講師細川のアドバイスで役に立ったことがあればおしえてください。
自分の良いところを自信をもってアピールすることと、簡潔かつ具体的に話すことです。遠慮せずに自分の良さを出すことができましたし、分かりやすく相手に伝えることができたと思います。
先生は的確に私の足りない部分を指摘して下さり、どうすればいいのか助言して下さいました。その厳しくも大きな優しさにいつも背中を押されました。

9.私ども制作のラジオ番組に出演したり、舞台で講師の細川と一緒に朗読しましたね。いかがでしたか?
とても楽しかったです!ラジオには、話すネタのとり方から分かりやすいしゃべり方、相手の話のきき方までコミュニケーションの基礎が全て詰まっていると思います。それを楽しく経験できて良かったです。
朗読もニュースとはまた違う技術が求められるので、とても勉強になりました。ライブは、お客様の顔をみて直接話すことができる良い機会でした。
私の両親も毎回ライブに訪れ、楽しんでいました(笑)

10.就活で得たことは何でしょう?
落ち着いて状況を把握する力と、何があってもへこたれない強い心です。

11.どのように仕事をしていきたいですか?
当たり前ですが、謙虚な気持ちを忘れずに仕事をしていきたいです。宮城県の方々のお役に立てるよう、各地を駆け巡って日々情報を伝えていきたいです。

12.後進のみなさんへ励ましの言葉をお願いします。
まわりに流されず、「自分は自分」という強い気持ちを持って取り組むことが大事です。就職活動は焦りや不安を感じることがたくさんありますが、「就活楽しんでやる!」ぐらい強気でいきましょう。頑張ってください!応援しています。

13.他に伝えたいことがありましたらお願いします。
きっと、スクールに通っていなかったら放送局に内定を頂くことはできなかったんじゃないかと思います。そのぐらい、私はダメダメでした。でも地道に取り組んできて、話し方や伝え方を成長させることができたと思います。
支えてくれた家族、友達、レッスン生の皆、そして細川先生に心から感謝しています。本当にありがとうございました。


大学2年生の夏からスクールに通い始めた高橋さんは、放送局をめざして就活をするお手本のようなスクール生です。彼女の自己スケジュール管理能力はたいしたものです。就活が動き出す大学2年ではアナウンス技術を鍛えることに集中。大学3年では、それに加え、自己分析を深めてESの質を高める。3年終わりから4年になるころは就活が動きだし、実際に面接を受けながらさらに自己研鑽をする。そしてどんなに多忙でも、就活対策作戦基地となるスクールには必ず来ていました。この経験は社会人になってもきっと役立ち、会社からはきっと高い評価を得られることでしょう。